Back to top icon

OPEN INSTRUMENTATION

New Relic Metrics と Traces

デモをリクエストする New Relicに登録

全データを1つの場所に集結

メトリクスを収集してオープンソースやベンダー不可知論ツールからのデータを追跡し、管理中のその他システムやサービスデータ全てと共に情報を表示します。

計測可能化を合理化

ビジネスに必要な可観測性を全て1つの場所にまとめ、データの保存、クエリ、閲覧、アラートに関する運営上の重荷とコストを削減できます。

内蔵の計測可能化を活用

オープンかつ既存のスタンダードを使用するため、計測可能化がよりポータブルになり、作成、インストール、維持、切り替えにかかる時間がぐっと減ります。そのため、DevOpsチームは計測可能化のみの管理ではなく、計測可能状態にした内容にフォーカスすることが可能です。

シンプルさと透過性を採用

弊社のオープンプロトコル、フォーマット、APIはOpenCensus、Envoy、DropWizrd、Prometheusなどどんなソースからでもデータをインジェストし、導入・使用が簡単です。また、内蔵ソフトウェアパッケージやライブラリにより、計測可能化がより高いクオリティで脆弱性が低く、アップグレードへの回復力を持ったものになります。

New RelicのメトリクスAPI

メトリクスデータの収集、クエリ、可視化には弊社、サードパーティー開発者の内蔵エクスポート機能やインテグレーションのいずれもお使いいただけます。お客様のメトリックデータはメトリックAPIにより、key:valueに基づく次元メトリックデータとしてNRDBでの保存用に送信されます。

New Relic Traces API

Zipkin distributed tracingまたは弊社のネイティブトレースフォーマットで、計測可能な状態にされたアプリケーションからのオープンソーストレースデータを収集します。より大規模なトレースコンテキストのオープンソースからのトレーススパンを可視化したり、分散トレーシング異常検知を適用したり、トレースの動作についてのアラートを受信したりすることが可能です。

Telemetry SDK: 内蔵データエクスポート機能とインテグレーション

弊社のオープンソーステレメトリSDKはスピーディーな実行を実現します。クライアントサイドでメトリックや収集したトレースデータの受信に簡単にお使いいただけるインターフェイスを搭載したSDKで、New Relicのベストプラクティスの実装をお客様の手を煩わせることなく行い、データをメトリックAPIおよびトレースAPI経由で転送します。

エクスポート機能 インテグレーション
OpenCensus Prometheus OpenMetrics
Micrometer  
DropWizard  

 

New Relic One: 全データを1つの場所に収集・相関

データのインジェストとストレージ

key:valueペアに基づく次元メトリクスデータNRDB(New RelicのSaaSデータプラットフォーム)として全てを管理

カスタム可視化

トレース・メトリックデータの全てをNew Relicのチャートビルダーで閲覧、クエリ、分析可能

きめ細やかなアラート

収集したメトリクスについて、どんな次元にもフォーカス可能な状態でアラート

ソースを問わないオープン可観測性

New Relic MetricsとNew Relic Tracesならどんなものでも計測可能化、ブラインドスポットがゼロに。

デモをリクエスト   登録