Back to top icon
ウェビナー

New Relic AI で実践する、インシデント対応高速化

セミナー動画

New Relic はシステムの性能管理における AIOps を可能にする New Relic AI の新機能を公開しました。

システムのメトリクスを絶え間なく評価し、潜在的なシステムインシデントを通知するProactive Detection、インシデントの相関分析によってアラートノイズを削減し、アラート理由をよりリッチに判断できる Incident Intelligence です。

本ウェビナーではなぜ今 AIOps (Artificial Intelligence for IT Operations) が必要とされるのかその背景と、新たに公開となった New Relic AI の新機能について解説します。

 

対象

New Relic APM ユーザー

システム性能管理で大規模なデータやアラートに苦慮している企業やチーム

 

紹介製品

New Relic AI

動画をチェック

田中 孝佳
田中 孝佳
New Relic, Technical Support Engineer

ソフトウェアエンジニア、インフラエンジニアなど自社開発や自社運用の現場で経験を積んだのち外資系ソフトウェアベンダーでのテクニカルサポートを経て現職。New Relicユーザーだった経験あり。

コミュニティでの登壇活動も多く、Microsoft MVPを7年連続受賞中。Microsoft Certified Azure Solutions Architect Expert。得意分野はC#をはじめとするソフトウェア開発、Kubernetes関連技術およびパブリッククラウド。