Back to top icon
eBook

オブザーバビリティ(可観測性)入門ガイド

近年、クラウドやマイクロサービス、コンテナ、サーバーレス、DevOps、SRE(サイトリライアビリティエンジニアリング)などの新しいテクノロジーや取り組みにより、ソフトウェアの運用効率・開発速度が向上し、本番環境へのデプロイがスムーズになる一方で、複雑性も増しています。

ソフトウェア開発、運用に関わるチームが直面する課題を解決するには、「Observability(オブザーバビリティ/可観測性)」という新しいアプローチが必要です。「可観測性」を実現することは、システムの複雑さの緩和、最新状態の収集と把握、トラブル発生時の迅速な原因特定、対応を可能にすることであり、それらの実現によって企業は優れた顧客体験を提供し続けることに繋がります。

しかし、ここで1つ注意しておきたいのは、可観測性と監視(モニタリング)は同じではないということです。

監視とはエラーや問題の発生時に迅速に対応できるようにする、「データを収集」することを目的としてシステムを構築することです。一方、可観測性とはエラーや問題が発生したことを検知するだけでなく、それが「なぜ」起きたのか、その原因を探り、改善のアクションに繋げることを目的としてデータを収集します。最新のデジタルサービス、ソフトウェアに必要なのは、緊急事態が起きても迅速な対応と原因の特定、解決を可能にする後者の「可観測性」です。

可観測性によって、ソフトウェアの開発、運用チームにさまざまなメリットを享受することができます:

  • 高品質なソフトウェアの提供
  • 継続的なイノベーションの実現
  • クラウドや最新ツールへの投資の最適化
  • デジタルビジネスのパフォーマンスをリアルタイムに可視化

では、システムの可観測性を確立するにはどうすれば良いでしょうか?

このeBookでは、New Relic が考える最新のデジタル企業が抱える4つの課題と、その解決策であるオブザーバビリティ(可観測性)の実現のための3つのポイント、「オープンインストゥルメンテーション」、「関連付けデータ」、「プログラマビリティ」についてご紹介します。

ダウンロード