Back to top icon

Kubernetesとアプリをつないだ可視化を実現しよう!

-クラウドネイティブアプリの最新運用管理術-

CloudNative Days Tokyo 2019 (運営: 株式会社インプレス) 

クラウドネイティブな環境になればなるほど、アプリケーションレイヤーも含めたモニタリングと可視化が重要となります。でもどのように実現すればよいかお困りではないですか?Cloud Native Days(インプレス)の超人気セッション、「Kubernetesとアプリをつないだ可視化を実現しよう!- クラウドネイティブアプリの最新運用管理術 -」でご紹介した、フロントエンドからコンテナまで、アプリケーションを支えるあらゆるコンポーネントに対し可観測性を提供するNew Relicを活用して、クラウドネイティブアプリをどのように運用管理すべきかという最新実践例を御覧ください。

今すぐダウンロード