Back to top icon
eBook

クラウドアプリ、インフラ環境監視のための必須要件

最新テクノロジーを効率的に監視するための7つの要件

クラウドコンピューティングによりすべてが変化していく昨今、企業が提供するアプリケーションやインフラ環境の監視もその例外ではありません。

Amazon Web Services (AWS), Microsoft Azure, Google Cloud Platform などの最先端のクラウドプラットフォームや、Pivotal などのツールが提供する柔軟性、スケーラビリティ、サービス、従量制 の料金体系によって、企業におけるアプリケーションの構築方法や、 それらのアプリケーションを対応インフラにデプロイする方法は一変しました。

単一のデータベースとだけ連携する単体のアプリを仮想マシンのホストに何か月もかけてデプロイするのではなく、何種類ものマイクロサービスやコンテナをオンデマンドでデプロイする方法を選ぶ企業も増えています。

こうした変化の例は挙げればキリがないですが、 こうしたすべての変化に対応し、クラウドベースのアプリケーション やインフラ環境を効率的に運用・監視するためには、同様に監視プラットフォームも変化する必要があります。従来のオンプレミス (シングルテナント) 型のマネージドホスティング (別名「疑似 SaaS」) による監視ソリューションでは、進化を続けるアプリケーション、インフラ環境の変化にはとても追いつくことはできません。では、企業はどうすれば良いでしょうか?

本資料では、最先端のクラウドアプリケーションやインフラ環境を適切かつ効率的に監視するために必要な7つの機能、性能についてご紹介します。

<本資料はこのような方におすすめです>

  • AWSやMicrosoft Azure、Google Cloud Platformなどのプラットフォームを利用している、またはこれから利用する予定があり、運用環境の監視・保守を効率的に実施したい

今すぐダウンロード