Back to top icon

New Relic Serverless for AWS Lambda

AWS Lambda関数のモニタリング、可視化、トラブルシューティング、アラートを

デモをリクエストする 無料トライアルの開始
自らのシステムを理解

エンティティオーバービュー

全てのAWSアカウント・リージョンからの情報やインベントリなど、各インスタンスタイプのキュレーテッドオーバービューを、1つのビューに表示します。

分散トレーシング

AWS Lambda関数とその他実行中に関与するアーティファクト間のコミュニケーションパイプまで掘り下げ、エクスペリエンスのトラブルシューティングで重要な役割を果たします。また、各トランザクションの内容や完了までの所要時間、エラーの有無といった価値の高い情報も提供します。

インベントリ化されたタグとメタデータ

お客様のAWSエンティティから情報を回復し、チーム、または関数構成または呼び出しそのものに関する特定のメタデータ属性へのフィルタリング・ファセット能力を提供します。

メトリクス、イベント、その他メジャーメント

ハイカーディナリティデータ

スループットや、所要時間、コールドスタート、エラー率などトランザクションパーセンタイルのカテゴリ化されたAWS Lambda関数パフォーマンスメトリクスを表示します。タグや関数メタデータでフィルタリング・ファセットし、必要な答えを迅速に検索します。

AWS CloudWatch Metrics

AWS Lambdaなど、30以上の接続されたAWSサービスAWS CloudWatchから得られたメトリクスをキャプチャし、お客様がキューやデータストリームを含むイベント駆動型のアーキテクチャのパフォーマンスを把握できるようにします。Iterator Ageやデッドレターエラー・デッドレターキュー深度などイベントAWS Lambdaメトリクスをキーし、スロットルが関数内のインストルメントからのパフォーマンスに沿って可視化されるようにします。

カスタム属性とカスタムイベント

カスタム属性またはイベントをキャプチャ・送信してその関数呼び出しを属性にタグ付けすることにより、パフォーマンスデータを特定のビジネスKPIにつなげたり、関数における特定の機能のパフォーマンスを把握したりすることができます。

エラーとアラート

リッチエラー分析

関数コードで発生した全てのエラーを表示し、全詳細とエラートレースを分析します。関数が期待通りに機能しているときでも、エージェントAPIを使用したカスタムエラーの定義を行います。

リッチアラートエコシステム

NRQLを使用してアラートを構築することにより、カスタム属性または関数別の属性に基づくアラートをドライブ可能です。