Back to top icon

Mobile APM の機能

遅延の原因になっているのは、アプリケーションでしょうか。それともネットワークでしょうか?New Relic Mobile はドメインレベルの問題を素早く診断できるグループ化されたビューを提供します。特定のリクエストをドリルダウンして、レスポンスタイム、スループット、データ転送サイズ別にパフォーマンスメトリックを確認できます。

 
 

ネットワークのパフォーマンス

アプリを実行している世界中のネットワークからアプリの接続先となっているサービスまで、New Relic Mobile のネットワークモニタリング機能は複雑な使用環境でモバイルアプリに発生している問題を把握するのに役立ちます。

 

接続サービスマップ

アプリのパフォーマンスとその接続先となっているサービスとの関係、各サービスの他サービスへの影響度合いを一目で確認できます。

 

HTTP リクエストの概要

レスポンスタイム、1分あたりのリクエスト数、合計時間、リクエストの合計サイズ別にアプリの上位 HTTP リクエストのパフォーマンスを分析できます。

 

HTTP リクエストの詳細

各エンドポイントごとに、レスポンスタイム、平均スループット、平均データ転送量に関する詳細なチャートを表示できます。

 

HTTP エラーレポート

アプリで発生している HTTP エラーの種類や頻度を確認できます。さらに掘り下げることで、レスポンスボディ、OS、アプリのバージョン、タイムスタンプ、エラーの種類ごとに一意な発生回数を確認できます。

 

ネットワーク障害レポート

これらのレポートでは、ネットワーク障害を引き起こしているホスト、最も一般的に発生している障害の種類に加えて、発生した各エラーのレスポンスボディを表示できます。

 

地理的パフォーマンスレポート

色分けされた世界地図から、最も遅いレスポンスタイム、最も高いネットワーク障害発生率、最多ユーザー数、データ転送量を国別に簡単に確認できます。特定の国を掘り下げ、平均レスポンスタイム、1 分あたりのコール数、トラフィック量、発生しているネットワーク障害の種類を表示できます。

 

キャリアパフォーマンスレポート

これらのレポートでは、デバイス数、レスポンスタイム、アプリを実行中の Wi-Fi や各キャリアのエラー率に関する概要レベルの情報を提供します。また、レスポンスタイム、ネットワーク障害、トラフィック量に関するキャリア固有の傾向レポートも提供します。

 

アプリのパフォーマンス

New Relic Mobile はユーザーインタラクションを提供する Android アプリおよび iOS アプリのアプリケーションコードをモニターするエンジンを提供します。

 

ユーザーインタラクションの概要

最もコストのかかるインタラクションを、平均消費時間、合計消費時間、合計表示回数の複数の観点から特定します。また、全インタラクションの中で最も遅い個々のトレースをリストに表示します。

 

ユーザーインタラクションの詳細

インタラクションにおけるクラスやメソッドの実行状況を、UI およびワーカースレッドの使用状況、平均コール数、平均消費時間から把握することができます。また、単一種類のインタラクションの中で最も遅い個々のトレースをリストに表示します。

 

ユーザーインタラクションのトレース

CPU /メモリの消費量、ネットワークコール、各スロートレースでのスレッド間のデータ分散状況を診断できます。トレース中に各スレッドがどのようにメソッドやクラスを実行しているかをコードレベルで時系列に沿って確認できます。

 

デバイスパフォーマンスの概要

アプリを最も一般的に利用しているデバイスの動作を確認できます。表示内容はインタラクション時間、HTTP レスポンスタイム、スループット、デバイス数とネットワーク障害発生率で並べ替えできます。

 

デバイスパフォーマンスの詳細

インタラクション時間、HTTP レスポンスタイム、ネットワーク障害の種類やアクティブセッション数の傾向ビューを含む各デバイスの詳細データを確認できます。また、デバイスの種類別に最も遅い個々のトレースをリストに表示します。

 

OS バージョンの概要

アプリを実行中の各オペレーティングシステムの動作を高度なビューで確認できます。OS のパフォーマンスを HTTP レスポンスタイム、スループット、アクティブなデバイス、またはネットワーク障害発生率別に表示できます。

 

OS パフォーマンスの詳細

各オペレーティングシステムを掘り下げ、平均インタラクション時間、HTTP レスポンスタイム、ネットワーク障害の種類、アクティブデバイス数を把握できます。また、OS 別に最も遅い個々のトレースをリストに表示します。

 

バージョン傾向

最新バージョンのモバイルアプリの使用状況、インストール状況、パフォーマンスを確認できます。各リリースの公開後 1 日、1 週間、1 か月の動作を比較し、そのデータの総合表示を確認することで、必要な場所で開発作業やサポートを行うことができます。

 

使用状況

New Relic Mobile の使用状況機能は、アプリの各バージョンの利用人数や動作状況を把握するのに役立ちます。

 

バージョンパフォーマンスの概要

インタラクション時間、アクティブセッション数、エラー率別のトップランキングなど、アプリのインストール状況やパフォーマンスを複数バージョンごとに表示し、比較・分析できます。また、作成日付、メモリ/CPU 使用量、1 分あたりの平均セッション数、稼働中バージョンごとの 1 分あたりの平均リクエスト数の比較レポートも含まれています。

 

バージョンパフォーマンスの詳細

詳細ページでは、アプリケーションの特定バージョンと別のバージョンとの比較結果や、他のバージョンの平均値についてさらに理解を深めることができます。エラー率、レスポンスタイム、アクティブセッション数、メモリ使用量の比較結果が時系列で表示されます。

 

月間ユニークレポート

過去 1 年間にアプリを実行したユニークデバイス数を月ごとに棒グラフで表した月間レポートです。

 

クラッシュレポート

クラッシュレポートでは、詳細なメトリックとクラッシュの発生をコードレベルで可視化するユーザーインタラクションのトレースバックにより、アプリのクラッシュに関する理解を深めることができます。

 

クラッシュ発生率の概要と詳細

クラッシュしたセッションの割合、一週間ごとの比較、影響を受けた実際のユーザー数、解決したクラッシュおよび未解決のクラッシュの詳細など、アプリのすべてのクラッシュについて概要を確認できます。また、さらに詳細に調査を行い、頻度傾向を分析したり、シンボル付きのスタックトレースやデバイス、OS、アプリのバージョン別の分析結果を表示したりすることもできます。

 

アプリケーションクラッシュ発生時のインタラクションの証跡

インタラクションの証跡機能は、New Relic はクラッシュに至るまでのインタラクションの証跡を自動的に検知し、クラッシュ前のイベントをコードレベルで可視化します。これにより、開発者の労力を最小限に抑えながら、よりスマートなトラブルシューティングを行うことができます。

 

クラッシュメールアラート機能

アプリ内で発生するすべての致命的なクラッシュに関するメールアラート機能によりアラートを継続的に受信し、クラッシュダッシュボード内からすぐにサポートチケットを作成できます。

 

アラート機能とコラボレーション

アラート機能では警告の閾値や緊急の閾値を独自に設定できるため、問題を完全に把握し、迅速に解決することができます。また、コラボレーション機能では問題や解決方法をチームメンバーと簡単に共有できます。

 

致命的なパフォーマンス問題が発生した際にアラートを送信

モバイルアプリが通信を行うネットワークサービスのヘルスステータスに基づき、HTTP ステータスコード、ネットワーク障害発生率、レスポンスタイムに関するアラートを受信できます。管理者は外部ホストごとに注意アラート条件や緊急アラート条件をカスタマイズできます。

新しい Alerts の機能を使用して、アプリの実行時間に関するアラートを受信できます。

 

アプリのヘルスステータスを素早く表示

New Relic Mobile では色分けされた状態インジケータを全面的に採用しているため、パフォーマンスの問題を素早く特定することができます。

 

チームとのコラボレーション

レポート内にメモやコメントを追加し、インラインで返信することでチームメンバーと協力し合うことができます。

 

カスタムダッシュボード

最も重要なパフォーマンスメトリックをカスタムダッシュボードに追加し、いつでも迅速に監視できます。

 

チケット管理システムとの統合

セキュリティ

New Relic は、アプリケーションの高速化と安全性向上を支援することを目的としています。当社は主に以下のような方法でお客様のデータを厳重に保護しています。

 

米国とEUのデータ地域

New Relicのグローバルなデータホスティング体制は、欧州連合(EU)と米国という2つの地域から構成されます。アカウント設定手続きの中で、ご所在の地域にかかわらず、ご希望のデータ地域を選択できます。(注:地域間をまたぐデータの移行や集約には対応いたしません。)

 
 

SOC2 監査

New Relic は、セキュリティと可用性に関する SOC 2 監査を無事に完了いたしました。この監査は当社のセキュリティプロセスと管理方法を調査するものです。当社が自社システムやお客様データの保護にあたって適切な措置を実施していることが独立系の第三者機関によって証明されたことは、当社はもちろんのこと、お客様にとっても重要な意味を持ちます。

 

セキュアなデータセンター

New Relic のサービスを実行し、お客様のデータを保管しているインフラは、ティア III の SSAE-16 認証取得済みのデータセンター内にあります。お客様のデータは定期的にバックアップされています。

 

常時モニタリング

New Relic は内部のサービスとサードパーティのサービスの両方を採用し、ネットワークとアプリケーションに対するセキュリティスキャンを常時実施しています。これによって、アプリケーションとサーバーの安全性を確保しています。

 

デフォルトで安全

当社は「デフォルトで安全」という考え方を固く信じています。お客様は機密データの送信を許可する際には、New Relic 内の設定を明確に有効にする必要があります。当社はお客様が意図しない情報を誤って公開することのないよう、デフォルトで安全な設定を行っています。

 

コンプライアンス優位性

New Relic は、PCI、HIPAA、SOX など規制された環境でも安全に運用できるように設定することができます。また、当社はスイスと EU のプライバシー・シールドの認証を取得しています。

 

設定可能なセキュリティ

当社は皆様が自社のアプリケーションで機密データを処理する可能性があり、New Relic にどのようなデータが送信されるのかを不安に感じていることを理解しています。このような不安があることを踏まえ、(該当する場合は)New Relic に送信する機密データをご自身で完全にコントロールできるようにしています。

 

エンタープライズモード

当社はこのたび、高度なセキュリティを要するお客様向けにお客様の従業員が誤って機密データの送信を誤って有効にできないよう、使用可能なセキュリティオプションに制限をかけられるエンタープライズセキュリティモードを追加しました。