Back to top icon

New Relic Logs

さらなる可視性とほぼ即時の検索、完全コンテキスチュアルなログ情報を。オンプレミスのログ管理による複雑さを排除し、開発により多くの時間を費やせるようにします。

デモをリクエストする New Relicに登録
すべてのログを1つの場所に

高パフォーマンスの検索

進化したNRQLまたはLucene構文クエリ言語型検索で、検索にかける時間が数分から数ミリ秒へと減少。使い慣れたクエリ言語を使用し、膨大な量の集約ログを迅速にスキャン可能なパワフルで洗練されたクエリを、インデックスいらずで構築できます。

スケーラブルなクラウドネイティブアーキテクチャ

クラウド型のログ管理ソリューションにより、チームは顧客からの必要条件に合ったトラックでのスケーリングをするための柔軟性を得られます。コンピューティングバリエーション、ストレージスケーリング、パワーといったインハウスロギングソリューションの管理による複雑さから解放されます。

減少型NRDBデータベースのマッピング

高速検索に最適化したインデックス作成専用の人員を確保する必要はありません。New Relic Logsの簡単なデータ管理ソリューションにより、非インデックス型検索の実行に必要な検索能力をチームに装備できます。

アラート

すべてのプラットフォーム間アラートを1つの場所に実装、管理します。New Relic Logsでは、ログデータを既存の検索クエリを使用しながらInsightsで閲覧可能です。NRQLクエリの親しみやすいフォーマットを使い、分かりやすいダッシュボード上でログデータを可視化することができます。

ダッシュボード

Single Pane of Glassなど必要なものを全て搭載したダッシュボードで、既存の検索クエリを使ったままInsightsからログやデータを閲覧できるようになりました。使い慣れたNRQLクエリを使用し、分かりやすいダッシュボード上でログデータを可視化することにより、データの追跡ではなくインサイトの発見に集中することが可能です。

検索結果を保存

今後のアクセスに備えて使用頻度の最も高い検索を保存し、ユーザーが検索結果に1クリックでアクセスできるようにします。よく使用するクエリを何度も書き直したりより高データの可視性ようにチームメンバーの大人数に検索アクセスを与えたりする必要がないため、時間を節約できます。

インタラクティブなグラフ

インタラクティブなタイムラインでログクエリの検索結果をプロットし、作業環境でコラボレーションを構築します。その後任意のグラフの特定のセクションをハイライトして詳細なインサイトを掘り下げて期間中に取得します。ログメッセージの可視化を使用することにより、パターンの識別がより容易になります。

カスタマイズ可能なログ属性

直感的なレイアウトにより、非標準のログメッセージ属性を使用するアプリケーション別の検察結果を構成することができます。ログ転送者を通じてカスタム属性を追加し、サイドバーから任意のものを選択してクエリを開始するだけです。

一元化されたビュー

パフォーマンスイベントやログの閲覧が可能なため、Single Pane of Glassと同じ感覚で稼働問題のトラブルシューティングを行いつつ、集中力を保てます。

集中ロギング

集中ロギングで、全ログデータを1つの場所に集約します。New Relic Logsでは、複数のソースからのログメッセージを集中化されたクラウド型レポジトリに集約可能です。

 

データをどこへでも送信可能

オープンソースロギングフレームワークと統合

Logstash、FluentD、Fluent Bitなど大手のオープンソースログ配信者のすべてに対応したフルセットのプラグインで、オンボーディングとデプロイがシンプルになります。この機能を活用することにより、オープンソースのログフィルターの使用が可能です。

クラウドベンダーとのインテグレーション

New Relic Logsは、大手クラウドプロバイダとAWS Cloudwatch、Asureプラグインとスムーズにインテグレーションします。ログデータを、すでにお使いのプラットフォームにシンプルに送信できます。

コンテキストのログで、スマートなロギングを

APMをコンテキストで

特定のログメッセージでパフォーマンスイベントとエラーを相関させることで、パフォーマンスイベントの原因へのより深いインサイトを得られます。ログイベントを、APMやインフライベント全体に加え、Bridge Distributed Traces、APM Errors、Kubernetes計測可能化で、明確かつ高レベルのビューで把握できます。

Kubernetesをコンテキストで

全Kubernetesログを1つの場所で、New Relic Logエクスプローラと統合された状態で表示します。動作不良を起こしているポッドの識別が可能です。ポッドまたはコンテナ経由で掘り下げできます。