Back to top icon

Insightsの機能

New Relic Insightsは、データを解析し、カスタム形式で視覚化してリアルタイムで表示する多様なメソッドを備えています。次々と入ってくるデータをNew Relicのいずれかの製品から、あるいはNew Relicエージェントをインストールしなくても他のアプリケーションから、監視することができます。

データソース

New RelicはAPM、Browser、Mobile、Syntheticsからデータを自動的に取り込み、詳細な解析やセグメント化、絞り込みを行う機能を提供します。

 

New Relicデータの活用

New Relic製品に付属のビューの元になる生データを、お客様はすでに受け取っています。表示したいデータに合わせて視覚化情報や ダッシュボードをカスタマイズして作成 し、アプリケーションのパフォーマンスや顧客体験に関する重要な疑問への答えを見つけることができます。しかも、そのすべてをリアルタイムで実行できます。

APM: トランザクション

Transactionイベントは、サーバー側でコントローラ、API呼び出しなど何らかのトランザクションが発生したときに記録されます。APMのメトリクスには、コントローラ名、持続時間メトリクス、エラーメッセージなどがあります。

関連するコントローラ名に基づいて重要なメトリクスをグループ化し、このデータのカスタムビューを作成したり、どのトランザクションがデータベースレイヤー内に長時間とどまっているかを調べたりできます。詳しく見る

Browser: ページビュー

PageViewイベントは、Webアプリケーションでページロードが発生し、New Relic Browserのエージェントが起動したときに記録されます。ユーザーが使用しているブラウザの種類とバージョンに関する詳細な統計を解析したり、地域によるパフォーマンスの違いを把握したり、一つのセッションのページビューに基づいて詳細なユーザージャーニーを作成したりできます。詳しく見る

Mobile: モバイルセッション

MobileSessionイベントは、ユーザーがアプリを起動した時点で始まります。ユーザーがアプリケーションをどのように導入しているか、また、時間をかけて見ている重要な画面を知ることができます。サポートする必要のあるデバイスやモデルも把握できます。ユーザーの行動やエンゲージメントに関する基本的なモバイルKPIの追跡も可能です。詳しく見る

Synthetics: Syntheticチェック

モニターからSyntheticチェックが実行されるたびに、SyntheticCheckリクエストが記録されます。稼動しているSyntheticsモニターのそれぞれについて、解析結果から最もよくあるエラーや頻度の多いエラーメッセージを選別し、アプリケーションの問題をピンポイントで特定できます。詳しく見る

Synthetics: Syntheticリクエスト

New Relicが実行するチェックに関してWebアプリケーションからの応答を受信したときに、SyntheticRequestイベントが生成されます。応答コードによってアプリケーションの動作を解析し、どのサードパーティのサービスがWebサイトの処理速度を低下させているかを判定したり、ページロード時間の大半を占めているコンテンツを突き止めたりできます。詳しく見る

独自のビジネスデータの追加

独自のNew Relicデータ群の集計、絞り込み、セグメント化、結合ができる機能をユーザーに提供することは、手始めにすぎません。アプリケーションパフォーマンスの解析を次のレベルまで高め、顧客体験とユーザーインテリジェンスの検証からさらに詳細な結果を得る上で、独自のコンテンツをデータに追加することが不可欠です。

New Relic Insightsでは、これを二通りの方法で実現できます。一つは、既存の製品データストリームをカスタム属性で強化する方法。もう一つは、Infrastructure、SaaSツール、あるいはNew Relicの監視エージェントのないアプリケーションなど、他のソースからデータをインポートする方法です。

カスタム属性

カスタム属性を使って、既存のデータに重要なコンテキストを追加しましょう。アプリケーションにコードを1行追加するだけで、ユーザーIDやアカウントIDなどの有用な情報をNew Relic Insightsで追跡できます。

この一つの属性を追加すれば、ユーザーやアカウント別にパフォーマンスデータをセグメント化し、そのユーザーに関するパフォーマンスや問題、エラー、使用している機能を正確に把握することができます。 カスタム属性の実装と活用について詳しく見る

カスタムイベント

JSON(JavaScript Object Notation)などのデータをNew RelicのAPIエンドポイントにインポートし、そのデータをNew Relic Insightsで解析することができます。 カスタムイベントAPI のよくある利用例は、New Relicエージェント経由で、すでにネイティブに取得しているデータとともに追加のデータセットをインポートし、より詳細な解析に活用するものです。

使用事例の中には、インフラストラクチャのパフォーマンスやサーバーメトリクス、あるいは、さらに詳細なユーザー解析の追跡を中心としたものもありますが、カスタムイベントとNew Relic Insightsをリアルタイム解析用の一般ツールセットとして使用しているお客様も多数おられます。中には、アプリケーションパフォーマンスとはまったく関係のない他の業務システムや技術システムからデータを抽出している事例もあります。

データ解析

New Relic Insightsは、データ解析のための充実した機能と視覚化情報をリアルタイムで提供します。New Relic Insightsでの主要なデータクエリ手法は、独自のSQL系言語NRQL(New Relicクエリ言語)です。以下のすべての視覚化情報、解析および機能は、NRQL経由で活用されます。各機能の使い方の詳細については、 NRQLに関するドキュメントをご参照ください。

 

ビジュアルデータエクスプローラー

ポイント、クリック、検索インターフェイスでデータを視覚的に調べ、グラフや解析を瞬時に生成できます。後の解析用にサンプルの個別イベントや、コラム名や属性をスキャンして、New Relic内部で取得されたデータの種類を把握。自動生成されたNRQLを取得し、素早くコピーして修正すれば、さらにレベルの高い解析が可能です。

 

ファンネル分析

サインアップ、チェックアウト、サブスリプション時のコンバージョン率の低さに、パフォーマンスや持続時間の違いが影響していないかを判定できます。

 

コホート分析

ユーザーのコホート分析を生成します。時間帯別、月別、年別のアプリケーション利用状況がユーザー群によってどのように違うかを把握できます。

 

セグメント化

デフォルト属性や独自に追加した属性に基づいて、アプリケーションデータを様々な方法でセグメント化できます。

 

ヒストグラム

特定のトランザクション、ページビュー、アプリケーションアクティビティについて、持続時間メトリクスのパフォーマンスヒストグラムを追跡できます。

 

ヒートマップ

ヒストグラムをもとに、デバイス、地域、ブラウザ、その他のデータの側面別にヒストグラムをセグメント化することにより、ヒートマップを作成できます。

 

フィルターとリンク

どのダッシュボードにも適用できる効果的なフィルターを作成し、データの不要な部分を除外できます。また、この機能を使って複数のダッシュボードを連結し、専門技能を持たないユーザーがクリックできるドリルダウンレポートを生成することもできます。

 

基本的な視覚化機能

棒グラフ、線グラフ、円グラフ、単一値ウィジェットなど、多数の一般的な視覚化機能があります。これらの標準ウィジェットは、データの傾向を明確かつ簡潔に伝えるのに非常に効果的です。

 

データ表示

会議の席や出先で各種のメトリクスや視覚化情報を表示したい、グラフを自分のアプリケーションに埋め込みたい、他のチーム用のセルフサービスダッシュボードを構築したい――そんなときはいつでも、New Relic Insightsに適切なソリューションがあります。

 

ダッシュボード

New Relic Insightsで最も一般的な情報共有の方法は、ダッシュボードです。ダッシュボードを利用すれば、会議中やモニター上のヘッドアップディスプレイで共有できる目的別のレポートを簡単に作成できます。 詳しく見る

 

埋め込みグラフ

データのリアルタイム表示を、独自のレポート作成機能や顧客対応ソリューションに埋め込みたいと考えるお客様が多くいらっしゃいます。そこでNew Relicでは、どのウィジェットでも埋め込みできる機能を提供しています。一定時間ごとにクエリが継続的に実行され、リアルタイムでデータをロードするので、常に最新のデータが表示されます。 詳しく見る

 

データアプリ

データアプリは、デベロッパーやアナリストが技術的な知識のないユーザー向けのセルフサービスダッシュボードや、後で答えを見つけやすくするためのドリルダウンレポートを作成できる機能です。いくつかの関連するダッシュボードを一つのデータアプリの中にまとめ、相互にリンクさせることで、目的を問わず、独自のカスタムデータアプリケーションを構築できます。

エラーやクラッシュに関係するユーザー操作を把握するのに使える一連のダッシュボードをカスタマーサポート部門に提供するのも、製品チームが主な機能の利用状況を簡単に把握できるようにするのも、データアプリがあれば、New Relic Insightsの豊富なデータを簡単に、かつ効果的に共有する方法が見つかります。 詳しく見る
 

 

モバイルアプリ

New Relic Insightsのモバイルアプリを利用すれば、どのダッシュボードやレポートにも外出先からアクセスすることが可能です。必要なときにいつでも、あるいは、とっておきのメトリクスを自慢げに見せたいだけのときでも、New Relicの多彩な視覚化情報にアクセスできます。 iPhone用New Relic Insightsをダウンロード

 

Insightsの統合

Magento: 公式Magento New Relicレポーティング拡張機能によりMagentoに容易に統合でき、ビジネスメトリクスやパフォーマンスメトリクスをリアルタイムで視覚化し、データ駆動型の意思決定に利用できます。この拡張機能は、MagentoエンタープライズエディションとMagentoコミュニティエディションの両方に対応しています。 詳しく見る

 

Pivotal: Ops MetricsのメトリクスをInsightsに直接取り込むことで、Pivotalクラウドファンドリーのヘルス ステータスを監視できます。 詳しく見る

 

Node.js: どのNode.jsアプリケーションからでも、カスタムイベントをInsightsに送信できます。 詳しく見る

 

Java: どのJavaベースのアプリケーションからでも、カスタムイベントをInsightsに送信できます。
注: JavaアプリをNew Relic APMで監視している場合、このライブラリは不要です。New Relicの言語エージェントには、カスタムイベント送信用のビルトインAPIがあります。詳しく見る

 

Arduino: Arduinoは、デジタルアーティストやホビイストの必需品として、膨大なコミュニティと豊富な拡張ハードウェアを誇っています。New Relic Insightsを利用すれば、リアルタイム解析用の環境データやユーザー行動データを簡単に記録できます。 詳しく見る

 

Electric Imp: Electric Impは、あらゆるデバイスを安全、迅速、シームレスにオンライン接続するための基本サービスを提供する代表的なIoT接続プラットフォームです。Electric Impを使えば、物理世界からデータを取得し、そのデータをマネージドクラウドに(またはクラウドから)送信して、New Relic Insightsで瞬時に解析することが簡単にできます。 詳しく見る

 

Intel Edison: インテルは、Edisonプラットフォームを実行する充実した機能を備えたSoC(System-on-a-chip)という形で、IoT市場に大胆に参入しました。Edison上でArduinoコードを実行できるArduino互換のツールチェーンもインテルからリリースされています。 詳しく見る

 

Microsoft SQL Serverレポーティングサービス: レポート実行をInsightsに送信することが可能です。この小さなNode.jsデーモンプログラムで、SSRS実行ログをInsightsに送信する方法がわかります。 詳しく見る

 

Marketo: Marketoのウェブフックを活用して、New Relic Insightsにデータを送信できます。マーケティング計画の効果をリアルタイムで正確に表示できるデザイン性に優れたダッシュボードを作成できます。 詳しく見る

 

Loader: Loaderを使ってWebアプリのロードテストを実行し、テスト結果をNew Relic Insightsに送信することができます。独自のカスタムクエリやダッシュボードの構築も可能。操作は驚くほど簡単です。 詳しく見る

 

Frontleaf: New Relic APMとInsightsのデータを利用して、予測的な顧客インサイトを生成できます。FrontleafをNew Relicインプリメンテーションに貼り付ければ、顧客の獲得、維持、拡大を促進する予測的解析エンジンを作成できます。 詳しく見る

 

Segment: Segmentは、顧客データを楽しく利用できるものにすることを使命としています。顧客データのための単一ハブとして、Segmentはデータを1カ所に収集し、変換して希望の送信先へルーティングします。New Relicを含む117以上のサードパーティツールのほか、内部システム、ホストされたSQLデータベースに送信が可能です。 詳しく見る

 

BlazeMeter: BlazeMeterでは、モバイルアプリ、Webサイト、APIのロードテストを10分未満で実施できます。すべてのロードテストデータが自動的にNew Relic's Insightsに送信されます。NRQLを使用してデータのポストモーテム(事後)解析を実行したり、アプリケーション固有の履歴を表示するカスタマイズされたダッシュボードを構築することも可能です。 詳しく見る

 

Drupal: DrupalをInsightsに統合できます。このDrupalモジュールでは、新規のWatchdogイベントやトランザクションデコレーションをInsightsに送信し、検索に利用することができます。 詳しく見る

 

Runscope: Runscope Radarの自動APIテストでAPIを監視し、APIテスト結果をInsightsに自動的に送信することができます。APIパフォーマンスを解析して、APIメトリクスをInsightsのダッシュボードに表示できます。 詳しく見る

 

Zapier: New Relic Insightsを何百ものWebサービスに接続し、時間のかかるタスクを自動化することができます。クエリを実行してデータを取り出し、ビジネス活動のきっかけにしたり、挿入を実行してNew Relic Insightsにデータを取り込むことが可能です。 詳しく見る

 

お客様に合ったインテグレーションがここに! New Relic Insightsインテグレーションを構築し、New Relicの何千もの有効アカウントに提供することをご希望ですか? 詳しい方法 を確認して、今すぐ申し込みましょう。すぐに折り返しご連絡いたします。