Back to top icon

New Relic Edge with Infinite Tracing

全てのトレースを観測可能に

ゲートウェイ不要、少ない労力で全ての問題をトラッキング

サインアップ
New Relic Edge with Infinite Tracingをリリース - 詳細を読む

すべてのトレースを観測する

New Relic Edge with Infinite Tracingはアプリケーションのトレースを100%観測し、問題の調査、分析を加速させるためのアクションに繋がるデータを可視化します。

またクラウドネイティブな環境で提供されることで、インフラストラクチャーやサービスの管理・運用の手間を増やさず、ニーズに合わせてスケールすることができます。

 

This is FPO

問題の迅速な発見と修正

分散システムのトラブルシューティングは、干し草の山から針を探すくらい困難です。Infinite Tracingを搭載したNew Relic Edgeは、エラーに焦点を当てたり、ロングラントレースをしたり、何が重要かに基づいてノイズを排除します。

Error detail
業務負担

業務負担の軽減

Infinite Tracingを搭載したNew Relic Edgeは、次世代型の分散トレーシングです。分散システム全体のトレーシング・テレメトリデータを100%観測することができます。

 

100%観測を低コストで実現

100%観測を低コストで実現

New Relic Edgeは、クラウドベースのワークロードと同じリージョンとプロバイダに常駐するため、低レイテンシー、低コストでデータ転送が可能です。より多くのデータをInfinite Tracingに送ることができると同時に、費用を節約することができます。

あらゆるソースからトレースデータを使用する

あらゆるソースからトレースデータを使用する

あらゆるソースからトレースデータを取得することができます。ベンダーニュートラルなプラットフォームでOpenTelemetry、OpenCenus(GoPython)、Istioなどのオープンソースのトレースツールもサポートします。

 

選択の柔軟性

レガシーなモノリスアプリとマイクロサービスベースのアプリを混在させて管理している場合、それぞれが異なるモニタリング要件を持っています。New Relic Edgeはヘッドベースのサンプリングによる分散トレーシングやテールベースのサンプリングによる無限トレーシング、どちらを利用するか柔軟に選択することができます。

New Relic Oneの活用

New Relic Oneを活用することで、トレースデータをリアルタイムのユーザーモニタリング、インフラストラクチャー、ログ、プログラマビリティ、ダッシュボード化など様々な用途に利用することができます。また、New Relic Oneは世界で最も強力なテレメトリーデータベース上に構築されているため、他に類を見ない柔軟性と高速な検索・可視化により、エンドツーエンドの可視性を実現します。

This is FPO

ホワイトペーパー

Gain an Edge with Distributed Tracing

ブログ

What You Need to Know About Distributed Tracing and Sampling

ウェビナー

Lowering MTTR with Tail-Based Trace Sampling

ブログ

Announcing New Relic Edge with Infinite Tracing

Icon of Arrows

New Relic Edgeではじめよう

New Relic Edgeを活用してテレメトリデータを100%観測できる環境を構築しましょう。こちらのドキュメントにより詳細な情報を掲載しています。

Kubernetes