Back to top icon
ページロードパフォーマンス

ページロードパフォーマンス機能は、ページ読み込み時点でパフォーマンスに影響している要素の抽出することができます。ページビューごとの詳細なデータを集約・可視化することで、パフォーマンス問題の根本原因の特定、早期解決をサポートします。

ユーザー目線でのパフォーマンス可視化

ページの読み込み時間だけでなく、最新のメトリックスを使用して、動的ページのベンチマーク評価を行い、エンドユーザー体験を向上させることができます。ソースコードが顧客体験に及ぼす影響を把握することで、開発チームはページパフォーマンスに関する問題を解決しやすくなります。コンテンツが表示されるまでのユーザーの待ち時間(paint metrics)、ユーザーがページ上で操作できるようになるまでの時間(interactivity metrics)、marqueeコンテンツがレンダリングされるまでの時間(largets contenful paint)などを監視できるようになります。 (詳細についてはブログ記事(英語)を参照)

シングルページアプリケーションのルート変更

どのJavaScriptフレームワークを使用しているかに関わらず、シングルページアプリケーションのルート変更パフォーマンスを可視化できます。API経由でカスタマイズできるルートチェンジ以外のデータも取得でき、カスタムフレームワーク用などアプリケーションのアーキテクチャにあわせた監視が可能です。

セッショントレース (Session Traces)

セッショントレース機能は、エンジニアが必要とする最も価値あるアセットの一つである「コンテキスト」を導きだします。Browserのセッション トレースは、長いロード時間や特定のエラーを見つけるだけでなく、エラーやパフォーマンス問題の前後の経緯も明らかにします。AJAXリクエストやJavaScriptエラーからセッション トレースにピボットインしたり、反対にセッション トレースから特定のJavaScriptエラーやネットワークエラーにピボットアウトすることもできます。

Session Traces

ブラウザトレース (Browser Traces)

トレースとは1ユーザーの体験のスナップショットで、ロード時間が平均より長いトレースは異常値として抽出します。トレースが発生したタイミング、ロード時間が生じた場所の内訳、ブラウザの種類、ユーザーの位置情報などの詳細を提示します。このレポートは、特定のユーザーにとってパフォーマンスの低い原因を調査、分析することに非常に役立ちます。

ページロード時間 - 分割グラフ

ページロード時間は、ユーザーがブラウザでトランザクションを開始した時点からページロードが完了するまでのメトリクスを取得します。レポートには、リクエストキューイグ、アプリケーションコード、ネットワーク待機時間、DOM処理、ページレンダリングの区分ごとに色分けした平均ページロード時間が表示されます。

Page Load Time - Segmentation Chart

ページロード時間 - ヒストグラムとパーセンタイル

ブラウザのページロード時間のヒストグラムとパーセンタイル機能は、平均のみに注目するのではなく、ページロード速度の全体的なビューを提供します。ヒストグラムとパーセンタイルでは、指定した時間枠内に発生したすべてのページロードが表示されるため、見逃される可能性のある異常値にもドリルダウンできます。

地域別レポート

エンドユーザーのサイト体験が地域によってどのように異なるかを把握できます。コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)がもっと必要か、特定地域の重要顧客がサイトのパフォーマンスを期待はずれと感じていないかなどを確認できます。

Geographic Reporting

ページ単位でのAJAX処理

特定のページについて、実行されたすべてのAJAX処理と、そのレスポンスタイム、スループット(rpm:分あたりのリクエスト数)、呼び出し総数、エラーステータスコード、各呼び出しの平均データ転送量が表示されます。

Page-Level AJAX Calls

ページビュースループット

スループットは、1分あたりのリクエスト数として計測されます。スループット指標は、特に頻繁に呼び出されているページを把握するのに役立ちます。

ブラウザとバックエンドパフォーマンスの接続

ページビュー レポートからシングルページURLを選択し、関連するすべてのバックエンドAPMトランザクションを見ることができます(アプリケーションにAPMエージェントがインストールされている場合)。各バックエンドトランザクションに関して、総呼び出し時間、平均レスポンスタイム、呼び出し数を素早く確認できます。特定のトランザクションについてさらに深く掘り下げ、APMレポート内に診断を表示することも可能です。

Connect Browser with Backend Performance

ブラウザパフォーマンス

New Relic Browserのダッシュボードには、エンドユーザーの体験についての情報がブラウザの種類やバージョン別に表示されます。このため、どの部分に重点を置いてテストやパフォーマンスの最適化を行えばいいかを把握できます。

ブラウザのスループット

1分あたりの平均ページビュー数のスナップショットを、ブラウザの種類別に表示します。

ブラウザのロード時間 - 分割グラフ

ブラウザの種類ごとに、リクエストキューイング、アプリケーションコード、ネットワーク待機時間、DOM処理、ページレンダリングに使われた時間を分割して表示します。

Browser Load Time - Segmentation Chart

ブラウザのバージョン別グラフ

ブラウザの種類ごとに、リクエストキューイング、アプリケーションコード、ネットワーク待機時間、DOM処理、ページレンダリングに使われた時間を分割して表示します。

AJAX

ウェブページが最初に読み込まれた後にAJAXを使用してページの一部を更新している場合、New RelicのAJAXダッシュボードは、そのリクエストがどのように動作し、最終的にユーザー体験にどう影響しているかを把握するのに必要なレベルの可視性を提供します。

AJAX ダッシュボード

メインのAJAXダッシュボードでは、サイトの中で最もリソースを多用するAJAXリクエストを確認できます。この情報は、時間消費、レスポンスタイム、スループット、コールバックタイム、データ転送量で絞り込みが可能です。このダッシュボードから特定の処理の詳細を調べ、詳しい解析を行うことができます。

ページビューごとの処理

どのページビューから特定のサーバー側のコントローラーが呼び出されているかを、スループット、レスポンスタイム、総処理数、データ転送量などのページレベルの詳細とともに表示します。

リクエストステータスコード

ステータスコードの報告は、AJAX処理の返答動作を示します。200以外のステータスコードが多数報告された場合、AJAXエンドポイントに問題がある可能性があります。

リクエストごとのデータ転送量

リクエストを受けて送信されたデータ転送量を表示します。長いコールバックタイムとデータ転送率の相関関係を調べるのに利用できます。

JavaScriptエラー

JavaScriptエラーダッシュボードを利用すれば、ユーザー体験に影響しているJavaScriptエラーを見つけ、具体的な解決方法の特定を始めることができます。

JavaScript エラーサマリ

この一覧ビューにより、発生しているJavaScriptエラーの種類と、発生頻度、そのエラーの影響を受けるユーザーの割合を詳しく把握できます。

JavaScript Error Summary

ブラウザー別のエラー

このグラフでは、エラーの種類ごとに、そのエラーの影響を受けているブラウザと、エラー総数に占める割合を表示します。

エラーのあるページビューの割合

このグラフでは、エラーの種類ごとに、そのエラーの影響を受けているページビューの割合を表示します。これにより、特定のエラーがエンドユーザーに与えている影響とその範囲を素早く評価できます。

エラーインスタンスの詳細

エラーインスタンスの詳細は一つのエラーのスナップショットで、対応可能なコンポーネントをコード行の単位まで対象として、ブラウザから取得できるスタックトレースの詳細を取得します。これらのメトリクスは、バージョンレベルまで含めた一意のブラウザの組み合わせ、および一意のURLと関連づけられています。

ソースマップサポート

ソースマップサポートを使えば、コード内のフロントエンドエラーの箇所を全て可視化し、JavaScriptコードのトラブルシューティングができます。直感的なドラッグアンドドロップの操作によりワンクリックで問題を見つけることができます。

Source mapp support

最高水準のカスタマーエクスペリエンスモニタリング

New Relic Mobileのクラッシュ解析では、特に影響の大きいクラッシュを解析し、より迅速に修正することができます。New Relic Browserのソースマップサポートは、オリジナルのソースコード内でエラーが発生した箇所を正確に表示し、フロントエンドのJavaScriptエラーをより解決しやすい形で可視化します。

標準機能

以下の機能はNew Relicのすべての製品スイートに搭載されており、より使いやすく、既存のワークフローにスムーズに適合する製品を実現しています。

アプリケーションのヘルスステータスを素早く表示

色分けされたステータスインディケーターにより、パフォーマンス関連の問題を素早く見つけることができます。

カスタムダッシュボード

重要なパフォーマンスメトリクスをカスタムダッシュボードに追加し、常にモニタリングしておきましょう。

チケット管理システムとの統合

アラート

地域別絞り込み機能

エンドユーザーのサイト体験が地域によってどのように異なるかを、市区町村単位で把握できます。CDNや自律システム番号(ASN)/インターネットサービスプロバイダのパフォーマンスの地域ごとの違いを確認しましょう。

セキュリティ

New Relicは、お客様に高速かつ安全なアプリケーションをご利用いただきたいと常に考えています。お客様のデータの保護を重要視しており、以下のような取り組みを行っています。

米国とEUのデータ地域

New Relicのグローバルなデータホスティング体制は、欧州連合(EU)と米国という2つの地域から構成されます。アカウント設定手続きの中で、ご所在の地域にかかわらず、ご希望のデータ地域を選択できます。(注:地域間をまたぐデータの移行や集約には対応していません。)

SOC2監査済み

New Relicは、セキュリティと可用性に関するプロセスおよび管理体制のSOC 2監査を無事に完了いたしました。この監査ではセキュリティに関するプロセスと管理体制の審査が行われ、独立の第三者機関より、New Relic、およびさらに重要なこととしてお客様企業に対し、システムとお客様のデータを保護するための適切なステップがとられているという保証が与えられます。

安全なデータセンター

New Relicのサービスを実行し、お客様のデータを保存するインフラストラクチャは、Tier IIIとSSAE-16の認証を受けたデータセンターにあります。お客様のデータは定期的にバックアップされます。

継続的な監視

New Relicは内部および第三者のサービスを共に利用してネットワークとアプリケーションのセキュリティスキャンを継続的に実施し、アプリケーションとサーバーのセキュリティ維持を確保しています。

デフォルトで安全

New Relicは、「デフォルトで安全」というコンセプトを強く信じています。機密性の高いデータの送信を承認するには、お客様がNew Relic内部の設定を明示的に有効化していただく必要があります。開示を望まないデータを誤って流出させることがあってはならないと考えているためです。

コンプライアンスが容易

New Relic製品は、ペイメントカード業界(PCI)データセキュリティ基準、米国の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)、米国の企業改革法(SOX法)などの規制を受ける環境で安全に運用できるように構成することができます。さらに、New RelicはスイスとEUのプライバシーシールドの認証も受けています。