Back to top icon

New Relicプラットフォームのアップデート

New Relicプラットフォームでリリースされた四半期ごとの最新機能をご紹介します。

2019年秋

New Relic Oneでカスタムアプリケーションを構築

New Relic Oneでは、お客様のビジネスに合わせた可視化でのテクニカルな顧客体験とビジネスデータが非常にシンプルに行えます。ダッシュボードのみのソリューションとは異なり、お客様のニーズにぴったりと合うアプリケーションの制作が簡単です。New Relic エンジニアが日々使用しているものと同じツールとオープンソース例を一緒に使って、さらに迅速な開始が可能です。

詳細

New Relic MetricsとNew Relic Tracesからオープンな計測可能化を

New Relicはオープンソース、ベンダー不可知論ツールからメトリクスとトレースデータを収集し、そのデータをその他システムやサービスと合わせて表示します。そうした全データの保存、クエリ、閲覧にかかるシステムの運営上の負担を減らし、お客様のDevOpsチームを強化、計測可能化の管理ではなく計測可能状態にしたものにフォーカスできるようにします。

  • New Relic Metrics API:弊社またはサードパーティーの内蔵エクスポーター・スクレイパーを使用したメトリクスデータの収集、クエリ、可視化が可能。Metrics APIは、NRDB内のストレージ用メトリクスデータをkey-valueペア次元メトリクスデータとして送信します。
  • New Relic Traces API: Zipkin分散トレーシングまたは弊社のネイティブトレースフォーマットで計測可能状態とされたアプリケーションからのオープンソースを収集。より大きなトレースのコンテキストでオープンソースからのトレーススパンの可視化、分散トレーシング異常検知の応用、トレースとしてのアラート受信が可能です。

詳細  

全てのログデータを1つの場所に

世界初の可観測性プラットフォームであるNew Relic Logsでは、エステートの全容で起こっていることについて完全な把握が可能です。これにより、APMトレースまたはインフラストラクチャメトリクスのパフォーマンス問題と関連するログデータを簡単に相関させることができます。ツール切り替え中にコンテキストを失うこともありません。

ログの検索は非常に高速です。Logs UIから直接、ログデータの高速な可視化やダッシュボードへの追加、アラートの作成が可能です。

New Relic のクラウドベースソリューションのスケールは無制限です。そのため、リソースのプロビジョニングやスケーリング、インデックスの管理について心配する必要がありません。

詳細

 

New Relic Serverless for AWS Lambda: New Relic Serverlessで、AWS Lambda関数上のモニタリング、可視化、トラブルシューティング、アラートを1つのエクスペリエンスに

お使いのAWS Lambda関数全てのモニタリング、可視化、トラブルシューティング、アラートのモニタリングをたった1つの場所から行えるようになりました。包括的なデータセットを備えた同サービスにより、関数の現在の動作のチェック、特定リクエストによる問題のトラブルシューティングへの掘り下げが可能です。このプラグアンドプレイエクスペリエンスは、コードの自動計測可能化能力をもたらすため、AWS Lambda関数からのキーヘルスデータ、エラー、イベントをキャプチャすることができます。

詳細

New Relic Mobile: React Native Agentのサポート

エンドユーザーからインフラストラクチャまで、弊社React Native Mobileエージェントはお客様のシステム全体に独自の視点を提供します。ハイブリッドモバイルアプリの開発者であれば、エレガントでパフォーマンス力の高いReact Nativeモバイルアプリケーションを配信し、モバイルアプリが顧客や製品、ビジネス目標にどんな影響を与えているかについての明確で実行可能なインテリジェンスを取得可能です。

詳細

多忙なDevOps・SREチームのためのよりスマートなインシデント応答

New Relic AIで問題をより早期に発見することによりインシデントの事前検知および解決がよりスピーディーになります。これにより、トリガーされたインシデントをコンテキスト・ガイダンスでエンリッチし、根本原因に最接近することが可能です。インシデントデータは既にお使いのツール上で自動的に相関、集約、優先化することが可能で、アラートノイズをなくし、MTTRのドライブを高速化できます。New Relic AIはPagerDuty、Slack、その他ツールとの統合を簡単に行い、既存のインシデント管理ワークフローと適合、インジェストデータのライブビュー、各インシデントのインテリジェントなサマリー、ユーザーフィードバックとの相関関係チューニング能力を提供しするので、一番大事な事柄にフォーカスできます。

詳細

2019年春

New Relic Oneの紹介

New Relic Oneは、New Relicプラットフォームの進化版です。この新しいプラットフォームは、ますます複雑化し相互依存するシステムをチームが理解するために必要なすべてのデータを結びつけます。New Relic Oneを使用すれば、監視ソリューションを構築する代わりに、顧客にとってさらに完璧なソフトウェアを構築することに集中できます。

New Relic One Homepage

グローバル検索

デジタルシステムのどの部分も問題を引き起こす可能性があり、各部分を所有するチームや部門はそれぞれ異なる場合があります。New Relic Oneを使用すると、モバイルからアプリケーション、インフラストラクチャに至るまで、さらにはエンタープライズ全体にわたって、ドメインを越えて検索することができます。また、タグを使用して、対象のシステムのみを絞り込むこともできます。

ホームページ

デジタルシステムをハイレベルのエントリポイントから調べることができ、その際、データや必要性の高いエンティティの要約を理解し確認するのに役立つツールを使用できます。これらのさまざまなツールはそれぞれ異なるユースケースに対応しており、相互につながる同じ基礎データに基づいて動作し、New Relicプラットフォームと深いレベルでリンクされています。それぞれの作業に最適なツールを選択することで、問題のある領域にすばやく集中し、さらに詳しい状況を調べることができます。

エンティティエクスプローラー

監視対象すべてを1か所で確認することができ、詳細の確認が必要なものだけをすばやく拡大表示することができます。エンティティエクスプローラーは、すべてのNew Relicアカウントや製品にわたるあらゆるエンティティの組織およびナビゲーションレイヤーであり、サービス、モバイルアプリケーション、またはクラウドインテグレーションをさらに調査すべきかどうかを判断できる簡単な要約データを提供します。

サービスマップ

インシデントをトラブルシューティングする際に、アップストリームとダウンストリームの依存関係に関連してサービスとそのステータスを表示し、根本原因を迅速に特定することができます。

ダッシュボード

わかりやすく使いやすい豊富な組み込み機能を使用して、最も重要なデータを表示する情報密度の高いカスタムビューをすばやく作成することができます。また、既にInsightsにダッシュボードが構築されている場合も問題ありません。ダッシュボードはNew Relic Oneに自動的に表示され、データの表示や編集に利用できます。

その他の製品アップデート

  • New Relic Infrastructure:Kubernetes Cluster Explorer - Kubernetes Cluster ExplorerはKubernetesクラスターの多次元表現を提供し、そのなかでネームスペース、デプロイメント、ノード、ポッド、コンテナ、およびアプリケーションを拡大表示することができます。Cluster Explorerを使用すると、これらの要素のデータとメタデータを簡単に取得することができ、どのように関連しているかを理解できます。
  • New Relic Infrastructure:AWS Lambdaの監視 - パフォーマンスデータ(期間など)からトリガーソースまで:New Relic One内の専用UIを使用して、Lambda関数のすべての呼び出しを監視することができます。ディストリビューティッド(分散)トレーシングとNew RelicのLambda監視機能を併用すると、その実行につながったリクエストのパスと、他の分散トレースへの影響を確認できます。
  • New Relic Synthetics:Synthetics Chrome Runtime - すべてのSyntheticsモニターで、ランタイム環境にChromeバージョン72が使用されます。NodeJSとWebDriverの機能強化により、Syntheticsスクリプトの作成の柔軟性が高まりました。

2018年冬

Kubernetesの監視

今月は、KubernetesにNew Relic Infrastructureのオンホストインテグレーションを導入しました。これにより、コンテナオーケストレーションレイヤーを詳細に監視することができます。このインテグレーションにより、ノード、ネームスペース、デプロイメント、レプリカセット、ポッド、およびコンテナのデータとメタデータを監視するメトリックスが収集されるため、Kubernetesクラスターで実行されているフロントエンドアプリケーションとバックエンドアプリケーション、およびホストを完全に監視できます。アプリケーション間に存在するすべてのKubernetesエンティティの全体的な可視性を得られ、警告やダッシュボードを確認できます。詳しくは、ブログの投稿をご覧ください。

Kubernetes

New Relic APMのディストリビューティッド(分散)トレーシング

ディストリビューティッド(分散)トレーシングは、複雑なアーキテクチャの問題を(モノリスとマイクロサービスの両方を使用している場合でも)迅速に見つけて解決するのに役立ちます。これにより、複雑なシステム全体のリクエストをより簡単に追跡し、レイテンシの原因を突き止め、エラーの原因を特定し、コードを最適化してカスタマーエクスペリエンスを向上させる方法を特定できるようになりました。すべての詳細をお読みください。

New Relic Distributed Tracing

EUリージョン

New Relicは、初のヨーロッパリージョンを立ち上げ、レイテンシとデータのプライバシーを区別する必要性に対処しています。ドイツのフランクフルトに所在するヨーロッパデータセンターは、IBMとの提携で設立されました。ヨーロッパの多くの企業でデータ処理の制御に対する懸念が高まっているため、New Relicヨーロッパリージョンは、パフォーマンスデータをヨーロッパに保存する機能を提供しながら、New Relic SaaSベースのプラットフォームを活用して迅速な処理と高い信頼性を実現します。

その他の製品アップデート

  • New Relic APM.NETエージェントとNuGetおよびMicrosoft Azureのインテグレーション  - AzureにWebアプリケーションをディプロイする.NET開発者が、基盤となるホストに直接アクセスできない.NETエージェントを容易に組み込むことができるようになりました。New RelicのNuGetパッケージにより、ビルドとディプロイのパイプラインへの最新のエージェントの組み込みが自動化されるようになったのです。
  • New Relic APM言語エージェントインストゥルメンテーションとフレームワークのサポートの拡大
    • Javaエージェント - Tomcat、WebSphere Liberty、またはResinのデータソース情報を追加
    • NodeJSエージェント - startSegment APIによる非同期カスタムインストゥルメンテーションが改善
    • PHPエージェント - PHP 7.2に対応
    • Pythonエージェント - AIOHTTPv3のサポートを追加
    • .NETエージェント - .NET FrameworkインストゥルメンテーションにASP.NET Coreを追加
  • New Relic Insights:NRQLアラート条件でFACETキーワードが使用可能に - New Relic InsightsのNRQLクエリに基づいてアラート条件を設定できることをご存じでしょうか?NRQLクエリでサポートされている構文にFACETが追加されました。FACET句の詳細と、アラート条件の作成方法をこちらに示します。
  • New Relic Infrastructure:Google Kubernetes Engine Monitoringのインテグレーション - KubernetesインフラストラクチャはGoogle Kubernetes Engine(GKE)が管理しますが、新たな監視インテグレーションにより、アプリケーションとインフラストラクチャを中心としたビューをクラスタに表示できるため、動的環境の効果的なトラブルシューティング、拡張、および管理が可能です。
  • New Relic Alerts:インシデント中のオリエンテーションを高速化するインシデントコンテキスト - New Relic Alertsのインシデントコンテキストは、システム内の異常な動作を検出し、アラート情報と並べて配置し、エラーのトラブルシューティング先に関するガイドを事前にチームに提供することで、問題の迅速な特定と解決を促します。デモビデオをご覧ください。

AWS、Azure、およびGoogle Cloud Platformの新しいインテグレーションにより、マルチクラウドおよびハイブリッド環境で実行される処理を容易に監視し、警告することができます。可視性が制限されている他のツールとは異なり、New Relicはすべてのアプリやホストにわたって一貫したビューを提供するため、クラウドの採用とデプロイメントを加速することができます。これは地理的地域には関係なく、移行計画を立て始めたばかりであろうと、クラウドで完全に稼働していようと関係ありません。

新しいクラウドサービスインテグレーションには以下が含まれます。

  • Google Cloud Platform:Compute Engine、Cloud Storage Service、Cloud Functions Service
  • AWS:Elastic Beanstalk、SES(Simple Email Service)、Auto Scaling、CloudTrail(ベータ版)、Personal Health Dashboard(ベータ版)
    AWSインテグレーションの全リストをご覧ください。
  • Azure:Virtual Machines、Functions、Cosmos DB、Service Bus、Virtual Network、AppService、SQL DB Service、Storage(ベータ版)、Load Balancer(ベータ版)
    Azureインテグレーションの全リストをご覧ください。

これらの新しいクラウドサービスインテグレーションについて詳しくは、ブログの投稿をご覧いただくか、デモをリクエストしてください。

2018年秋

クラウドのデプロイメントを加速しスマートにする新しいインテグレーション

AWS、Azure、およびGoogle Cloud Platformの新しいインテグレーションにより、マルチクラウドおよびハイブリッド環境で実行される処理を容易に監視し、警告することができます。可視性が制限されている他のツールとは異なり、New Relicはすべてのアプリやホストにわたって一貫したビューを提供するため、クラウドの採用とデプロイメントを加速することができます。これは地理的地域には関係なく、移行計画を立て始めたばかりであろうと、クラウドで完全に稼働していようと関係ありません。

新しいクラウドサービスインテグレーションには以下が含まれます。

  • Google Cloud Platform:Compute Engine、Cloud Storage Service、Cloud Functions Service
  • AWS:Elastic Beanstalk、SES(Simple Email Service)、Auto Scaling、CloudTrail(ベータ版)、Personal Health Dashboard(ベータ版)
    AWSインテグレーションの全リストをご覧ください。
  • Azure:Virtual Machines、Functions、Cosmos DB、Service Bus、Virtual Network、AppService、SQL DB Service、Storage(ベータ版)、Load Balancer(ベータ版)
    Azureインテグレーションの全リストをご覧ください。

これらの新しいクラウドサービスインテグレーションについて詳しくは、ブログの投稿をご覧いただくか、デモをリクエストしてください。

Screenshot of multicloud chart

プラットフォームのその他のアップデート

  • New Relic Insights:ダッシュボードの制御性を高めてクエリの機能を強化 - 新しいDashboard APIを使用すると、ダッシュボードをよりプログラム的に制御できます。たとえば、組織全体で一貫した監視基準やメトリックス基準を推進したり、異なるチーム間で独自のダッシュボードを共有したりすることができます。また、NRQLクエリで複数属性のFACETをサポートすることで、新しい強力な方法でデータをグループ化できるようになりました。以前は複数のクエリを必要としていたものを1つのクエリにまとめることができるため、相関関係にある可能性のある属性を簡単に組み合わせることができ、データセット内の理解のギャップを埋めることができます。
  • New Relic APM.NET Core 2.0エージェントがGAに! - New Relic APMは、LinuxとWindowsの両方で.NET Core 2.0アプリケーションのインストゥルメンテーションをサポートするようになりました。最新のリリースでは、LinuxパッケージマネージャとDockerの新しいインストール方法が追加されています。.NET Coreアプリケーションと.NET FrameworkアプリケーションをNew Relic内で比較すると、リファクタリングされたアプリケーションのパフォーマンス向上に対する理解を深めることができます。
  • New Relic APM:NETエージェント7.0のライブインストゥルメンテーション - .NETエージェント7.0のリリースでは、監視対象アプリケーションを再起動しなくても、カスタムXMLインストゥルメンテーション設定が自動的に取得されます。DevOpsチームは、サービスを中断することなく、本番アプリケーションの特定の部分をより詳細に把握できるようになりました。
  • New Relic APM:Javaエージェント - 最新のエージェントでは、インストゥルメンテーションのサポートがJava 9アプリケーションとJVMランタイムにまで拡張されています。さらに、WebSphere 9(TraditionalとLibertyの両方のプロファイル)、Jersey ClientRabbitMQ Java Client 5.0Play 2.6Akka HTTP 10、およびScala 2.12のフレームワークインストゥルメンテーションのサポートが追加されました。
  • New Relic APMRubyエージェント - 開発者はRuby 2.5で構築されたアプリケーションをインストゥルメントすることができます。外部呼び出しのインストゥルメンテーションが改善されて、Typhoeus Hydraのフレームワークサポート(HTTPリクエストのリクエストレベルの可視性が提供される)が追加され、外部メソッド呼び出しのクロスアプリケーショントレース用のパブリックAPIが追加されました。
  • New Relic Infrastructure:新しいオンホストインテグレーション - このインテグレーションにより、さまざまなホスト上のソースからのデータの表示、フィルタリング、分析、クエリ、独自のダッシュボードの作成、およびこれらのシステムの動作に関するアラートの設定を直接New Relicで行うことができます。StatsDRedis、およびApacheの3つの新しいオンホストインテグレーションを開始するには、関連する記事をご覧ください。オンホストインテグレーション(MySQL、Cassandra、NGINXを含む)の完全なリストはこちらにあります。