Back to top icon

Observability Meetup #2

2019年11月27日 17:00 | Slack Japan Office

TL;DR

Observability Meetup は New Relic ユーザを主な対象に「オブザーバビリティ(可観測性)」というテーマをもとに話し合ったり、知識経験を共有したり、同じロールの人々とつながりを作ったりする会です。

第2回は Slack Japan 様の最高立地オフィスをお借りして、名刺管理サービスで著名な Sansan 様でのパフォーマンス改善ストーリーや、Slack 様とのユニークなインテグレーション、New Relic One の新しい開発機能を使ったダッシュボード開発事例など初心者から高度活用までを含めたストーリーラインナップでお送りいたします。

 

開催概要

日時 | 2019/11/27 17:00 - 19:00 (Open 16:30)

場所 | Slack Japan 大手町オフィス (Google Map)

対象 | New Relic ユーザー

内容 | 以下を予定

 

17:00 | 恒例 New Relic クイズで学ぶ新機能 (景品強化編)

松本 大樹、CTO - New Relic

普通の新機能紹介じゃつまらないですよね。そこで恒例の New Relic クイズに新機能紹介を組み合わせてみました。目玉景品は New Relic 小型ドローン (予定) です。

 

17:20 | 速さは機能!国内最大級のビジネスSNSを支えるパフォーマンスチューニング!

藤井 洋太郎 氏, Eight 事業部 Platform Unit Leader / Engineering Manager - Sansan

法人向け名刺管理サービスでもおなじみのSansanが手がける個人向け名刺アプリ "Eight"。そのシンプルで高速なパフォーマンスチューニング方法をお話いただきます。

 

17:50 |  Slack と New Relic をもっと便利に使うための tips

瀬良 和弘 氏, Partner Engineer - Slack Japan

Slack が標準で提供する New Relic 連携についてのご紹介に加え、標準連携がカバーしていないようなユースケースに New Relic と Slack 双方の API を活用する実装例についてお話いただきます。

 

18:10 | 性能ダッシュボードを外部に公開することで顧客の信頼をえる方法

佐藤 正士 氏, 事業開発室長 クラウドインテグレーション事業部 - FLECT

FLECTが提供する Saas 型車両管理ソリューションで性能監視ダッシュボードをお客様の信頼獲得のために開発し公開している技術的背景とそのカスタマートラストについてお話いただきます。

 

Special Thanks

会場をお貸しくださいました Slack Japan の瀬良さんに深く感謝申し上げます!

今すぐ登録

Slack Japan 様の大手町オフィス内観

Slack Japan 様の大手町オフィス内観